親鸞聖人・第5巻

親鸞聖人の教えを受けた
関東の人々の物語

聖人が京に帰られた後、関東では、
種々の動乱が巻き起こる。

【右の画面で予告編がご覧になれます】

 親鸞聖人が京へ帰られた後の関東では、同行たちの信仰が動乱する事件が続発しました。
 信仰が大きく動揺した関東の同行は、往生極楽の道一つ問いただすため、命の危険を顧みず、親鸞聖人の元を訪ねました。この時の聖人のお言葉が、『歎異抄』第2章に書き残されています。第5巻では、そのドラマを描きます。

under-botan
   

バックナンバー・一覧へ⇒

 
▲ページ上部へ