親鸞聖人・第2巻

すべての人が
ありのままで救われる
常識破りの結婚を断行

29歳で弥陀の明らかな救いにあわれた聖人は、
公然と肉食妻帯をされました。

【右の画面で予告編がご覧になれます】

 800年前、僧侶が肉食妻帯する(魚や獣の肉を食べ、結婚する)ことは、仏教界では固く禁じられていました。
そんな当時、親鸞聖人が公然と肉食妻帯なされたことは、世間中で大問題となりました。
「破戒僧」「堕落坊主」「色坊主」などの非難攻撃を一身に受けられながらも、なぜ親鸞聖人はあえて肉食妻帯されたのでしょう。

under-botan
   

バックナンバー・一覧へ⇒

 
▲ページ上部へ